浴衣

浴衣真っ盛り


気がつけば、残暑お見舞い申し上げます。

パソコンネット環境がなく放置でしたね。

麻の襦袢を買ったり、浴衣を着たり、浴衣を着たり、浴衣を着たりしていました。

この夏の発見としましては、ちょうど帯の結びの来る位置に、あらかじめタオルを折って仕込んでおくと、まったく帯が下がって来ず、幸せ!でしょうか。

花火大会は暑くて大変なので、人の少ない時間帯にお祭りを楽しみました。

今年は、愛染まつりと、四天王寺の七夕まつりと生魂祭り!

image

「靴を脱いでください」と書いてあったので、乗れるの?と宝恵駕籠(ほえかご)にRIDE ON!
お神輿になってるので、浴衣娘を乗せて持ち上げて練り歩くものです。境内に展示されてました。
「べっぴんさんじゃ〜」って声かけてくれてもいいのよ?

image

四天王寺さん。風があってそんなに暑くなかったかな。夕暮れくらいからきれいで、7月7日の七夕にあやかって、7月7日午後、7時7分に、七夕の短冊がライトアップされるという。

image

真摯なお願いから、俗っぽいお願いに囲まれる私。2日行って、2枚短冊書いたのは内緒!

生魂祭りは一人でとった写真がないので、残念!

image

基本はこの綿麻の浴衣と博多織の帯が好きでよく着ていました。紺地のも素敵だなぁと思いつつ。
髪がようやく夜会巻きできるようになったので、楽チンな夏でした!


ad

ad

-浴衣
-,